• autorautor

レイテ 沖 海戦 栗田 艦隊

細部
作成した 22.09.2021
著者: Fudo
ビュー: 914

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

作戦目的関連の批判と絡めて、栗田中将の資質に関する議論も生まれた(詳細は 栗田健男 の項を参照)。半藤は、栗田艦隊司令部が反転のために嘘をついていると述べ、栗田中将には過去の戦闘でも逃げ癖があったと主張し、本海戦での行動についても疑念をあからさまに述べている [] [] 。こうした栗田中将個人の資質に関わる批判は旧海軍軍人の 小島秀雄 もしている [] 。 高木惣吉 は「レイテの敗将を兵学校の校長に据えた」と批判した。. 午前7時、第十六戦隊は輸送船団(第六・九・十・一〇一・一〇二輸送艦)を引き連れてカガヤンの陸軍兵をレイテに移送すべく出撃。ミンダナオ島へ向かうが直後にアメリカ軍機約機の空襲を受けた [] 。しかし損害はなく予定通りミンダナオ島に向かった [] 。.

小沢中将の合同命令を13時35分に受電した松田少将の第6群は、12時55分に千歳乗員の救助を終えて合流した五十鈴に千代田の曳航を命じて準備中であり、日向と駆逐艦 槇 がそれを護衛、霜月が千歳乗員の救助を継続中、多摩は単独で中城湾に退却中、所属する桐・杉は前日の転落者救助で隊から離れ合流できておらずと部隊は分散していた。また13時15分に五十鈴から燃料不足から千代田の曳航は困難との報告を受けていたこともあり、松田少将は曳航を断念、五十鈴・槇に千代田の処分と生存者の救助を命じ、日向と霜月を率いて第5群との合流を目指した [] 。.

馬公在泊時に南西方面部隊からの要請を受けて志摩艦隊と分離別行動をとっていた第21駆逐隊( 若葉 ・ 初春 ・ 初霜 、隊司令: 石井汞 大佐)は任務を終えると23日にマニラを出港、ミンダナオ島付近での志摩艦隊との合流を目指していた。しかし24日早朝に敵編隊約20機に捕捉され、7時55分より空襲を受ける。8時13分、司令駆逐艦若葉が直撃弾1、至近弾1を受け航行不能。8時45分に沈没した。石井、艦長の 二ノ方兼文 少佐以下生存者は救助されるが乗員30名が戦死し74名が負傷した。11時52分にも空襲を受け初霜が1発被弾する [] 。健全な艦が初春1隻しかなくなったことを受け、石井司令はマニラに回航して修理することを決意し北上、艦隊との合流を断念した。.

現地陸軍を統括する南方総軍ではこれら一連のアメリカ軍機動部隊の攻撃から、アメリカ軍が跳梁跋扈する現状を再認識し、従来の「航空隊は敵攻略部隊攻撃を優先する」という方針よりも、海軍と協力してアメリカ軍機動部隊殲滅を図る方が良いのではと考えが大勢を占めるようになり、大本営にその旨意見具申するが承認されるところまでには至らなかった。しかし9月24日に中部フィリピンへの空襲が起こると南方総軍は第四航空軍に対して機動部隊攻撃強化を下令するとともに機動部隊への攻撃の必要性を再度意見具申した [55] 。大本営は当初は従来通り陸軍航空隊は敵上陸部隊攻撃を主務として空母機動部隊への攻撃を控えるよう指示していたが、その後参謀を派遣して現地視察を行った結果、要望も無理からぬことと判断しこれを容認する [56] 。. ドーリットル空襲 日本本土空襲 硫黄島の戦い 東京大空襲 大和田サンドラッグ 飢餓作戦 日号作戦 日本への原子爆弾投下 ( ヒロシマ ナガサキ ) 樺太の戦い 占守島の戦い.

なお、サマール沖海戦での 鳥海 はアメリカ護衛空母を攻撃中、右舷船体中央部に被弾した事が周囲の艦艇から記録されている フリーホラーゲーム ストーリー重視 29] 。これにより甲板に装備した魚雷が誘爆し、機関と舵が破壊され戦列を離脱した。この被弾について、これまで護衛空母 ホワイト・プレインズ による説 [] 、 大和 による誤射説、 金剛 による誤射説などある。戦史研究家の石丸法明(当時羽黒の乗組員)は鳥海の被弾を羽黒艦橋で目撃した元良勇(羽黒通信長)、被弾した鳥海からの通信を羽黒電信室で受信した南里国広(二等兵曹、信号兵)、および当時の戦艦 金剛 乗組員3人の証言から、金剛誤射説を提唱した [] 。羽黒戦闘詳報では、8時51分に『鳥海敵主力ノ集中射撃ヲ受ケ右舷中部ニ被弾』と記録 [] 。鳥海は舵故障状態となる [] 。金剛の見張員はすぐに鳥海を誤射したことに気付いて艦橋に報告し、島崎利雄(金剛)艦長は、同艦を追撃戦から脱落させたという。金剛が鳥海を誤射したことについて、羽黒では艦長・副長から厳しい箝口令が敷かれたという。石丸は誤射の原因は司令官である橋本信太郎中将の命令を待たずに突撃した鳥海の側にあったとしている [] 。.

ロンドン海軍軍縮会議 オレンジ計画 排日移民法 防共協定 日中戦争 日独伊三国同盟 日ソ中立条約 東亜新秩序 日米交渉 仏印進駐 関東軍特種演習 ABCD包囲網 帝国国策遂行要領 タイ・仏印戦争 ハル・ノート.

[57] 913 [58] 11 2 12 142152102024 [59] II9267273 [60]. Forgot your イヤホン 落ち着く 心理. 5354 [] [].

7NDS3995 80. [] .

当時熊野に士官として乗組み、戦後 海上自衛隊 で 統合幕僚会議事務局長 などを努めた 左近允尚敏 は艦艇研究家の田村俊夫が半藤の主張を汲み入れて『海交』で疑念を呈した際に反論している [] 。.

戦史に見る意思決定プロセス~日本海軍の決断(4)レイテ沖海戦・栗田健男

その他の点としては、サマール沖海戦など他の戦いではアメリカ駆逐艦隊は高い戦意を示しており日本側で問題になる燃料の面もロジスティクスは万全であることがある。旧来の研究でも砲弾について述べた文献では日本艦隊の圧勝を予測しているものはない [] 。. 栗田艦隊のサンベルナルジノ海峡強行突破を危惧したハルゼー大将は、第38任務部隊の3個群から高速戦艦(6隻中5隻)を中核とする水上砲撃部隊を引き抜いてリー中将指揮の第34任務部隊が編成予定であることを全軍に知らせて栗田艦隊迎撃の準備を進めていたが、栗田艦隊が反転したことで、これを作戦不能なほど損害を与えたと判断し、戦果報告と栗田艦隊が壊滅して撤退していることを司令部に報告した。15時40分、第3群の索敵機が小沢艦隊を発見、16時40分に「空母4隻、軽巡洋艦2隻、駆逐艦5隻」と報告 [] 。また第3群は「ルソン島東方kmに空母3隻、巡洋艦4 - 6隻、駆逐艦6隻、空母の1隻は伊勢級」と発信している [] 。 報を受けたハルゼー大将はこれを日本軍の主力と判断、栗田艦隊への攻撃を中止し小沢機動部隊攻撃を決断する。そして別行動中の第34任務部隊第1群(指揮: ジョン・C・マケイン・シニア 少将)を除く3個群を全て率いて北上を開始した。.

恋愛画像 [] 。. 作戦目的関連の批判と絡めて、栗田中将の資質に関する議論も生まれた(詳細は 栗田健男 の項を参照)。半藤は、栗田艦隊司令部が反転のために嘘をついていると述べ、栗田中将には過去の戦闘でも逃げ癖があったと主張し、本海戦での行動についても疑念をあからさまに述べている [] [] 。こうした栗田中将個人の資質に関わる批判は旧海軍軍人の 小島秀雄 もしている [] 。 高木惣吉 は「レイテの敗将を兵学校の校長に据えた」と批判した。.

珊瑚海海戦 conflict 映画 wiki ラビの戦い ビスマルク海海戦 カートホイール作戦 ラエ・サラモアの戦い フィンシュハーフェンの戦い アドミラルティ諸島の戦い ホーランジアの戦い 竹一船団 ビアク島の戦い 渾作戦 アイタペの戦い. 詳細は「 大和型戦艦 」を参照. 瑞鶴隊も相前後してアメリカ軍機の迎撃を受ける。それでも攻撃隊は13時50分に敵艦隊を発見、それはシャーマン少将の第三群で攻撃隊は空母1隻轟沈、1隻沈没を報じたが、実際は沈没した艦はなかった。攻撃隊は天山1機、爆装零戦5機、零戦2機を失い友軍飛行場に退避した [] 。.

  • その他の点としては、サマール沖海戦など他の戦いではアメリカ駆逐艦隊は高い戦意を示しており日本側で問題になる燃料の面もロジスティクスは万全であることがある。旧来の研究でも砲弾について述べた文献では日本艦隊の圧勝を予測しているものはない [] 。.
  • マリアナ沖海戦において投入が予定された第五艦隊は6月17日、待機する 大湊 から 横須賀 への移動が命じられ、司令長官の 志摩清英 中将は直ちに準備を開始、19日に大湊を出港して横須賀に向かった。旗艦である重巡 那智 を先頭に第二一戦隊 [注釈 7] 、 木村昌福 少将指揮の第一水雷戦隊(旗艦 阿武隈 )・第一八駆逐隊 [注釈 8] が出撃、3日遅れで第七駆逐隊 [注釈 9] ・第二一駆逐隊 [注釈 10] が出港する [25] 。21日豊後水道に入った同艦隊は作業船と接触、同船に乗り込む工員たちは第五艦隊各艦に乗り込むと航行しながら工事を開始し対空火器を次々と増設、旗艦の那智は25ミリ機銃を約丁も増設、艦橋上部には電探も搭載された [26] 。しかし横須賀回航中に起こったマリアナ沖海戦とその後のサイパン島放棄により第五艦隊の投入は中止され、搭載予定だった陸軍部隊を小笠原諸島の父島と硫黄島に輸送して戦力増強をすることになり、同艦隊より木曾・多摩・初春・若葉が参加、第十一水雷戦隊( 高間完 少将指揮)と共に28日に東京湾を出港、「伊号作戦」とされたこの輸送作戦は成功し、7月3日に帰投した。. レイテ沖海戦の日本軍の軍人に対する評価について教えてください。 レイテ沖海戦は日本海軍の総力を挙げた作戦でした。 成功一歩手前まで行きましたが、最後に主力艦隊の栗田艦隊が引き返してしまったため、作戦は失敗に終わります。そのため、以下のような評価が一般的かと思います。 栗田健男(0点) …当初の作戦目標を忘れ撤退し、全ての味方の犠牲を無駄にした無能提督。 小沢治三郎(80点

FAST : ISNI : LCCN : n NDL : VIAF : WorldCat Identities : lccn-n [] 25 [] [] []. 924 [55] [56]. [68] km60km. あえぎ声はお静かに ネタバレ.

第一遊撃部隊 第一部隊【栗田艦隊】

批判と肯定が混在し、一概にどちらよりと見なせない者も居る。大岡昇平はこのやりとりについて『 レイテ戦記 』でコメントを残していないが、栗田艦隊の戦意の不足、当事者達の弁明に懐疑的で「旧軍人の書いた戦史および回想は、作為を加えられたものである」と述べ、当事者の恐怖心への推論を行っている [] 。また栗田中将の逡巡を「当時の大本営海軍部にとっては勿論、現在の日本人にとって感情的に受け入れることは出来ないであろう」と述べ艦隊の反転を「出先の戦闘単位に命令違反が現れた。大和以下の主力艦群は自爆を拒否したのである。」 [] と述べた。一方で、作戦目的については日米両艦隊の指揮官が揚陸と「決戦」の狭間で引き裂かれた [] ことを指摘、反転せず南下した場合の船団攻撃の勝算も悲観的な立場をとった。栗田中将については「司令官に逡巡が現れた原因は、性格、指揮の経験不足に求めるべきではなく、歴史の結果にもとめるべき」旨を述べ、「氏の逡巡を批判する者ではない」 [] と述べた。対戦国である英国の首相であった チャーチル は回顧録の中で「救援は遙か遠方にあり栗田のレイテ湾突入を妨げる者は何もなかった」とした上で、栗田が攻撃を三日間受け続けたこと、サポートが不足していたこと、栗田の旗艦が出航直後に撃沈されたことで心理的圧迫を受け、栗田が錯乱(精神的混乱)をきたしていたと指摘した。その上で、「 同様の試練に耐え抜いた者だけが、栗田を批評することができるのであろう [] Those who have endured a similar ordeal may judge him.

都竹は深井の数々の証言に対して月刊「歴史街道」年1月号において、「最近大和の元高級将校と自称する人物」と遠回しに深井を名指し、彼が証言している「艦橋にきて参謀達に激しく抗議した」とか「小沢治三郎中将から貰った短刀の話」などについて否定している。都竹は「私は艦橋の配置で戦闘中終始その場に居たが、深井の言うような光景は目撃していない」「大和は捷号作戦が作成された時点で既に外地にいて、内地にいた小沢中将と深井が合い、軍刀をもらうことなど出来ない」などと反論している [] [注釈 45] 。. 表示 閲覧 編集 履歴表示. 小沢中将率いる機動部隊本隊は6時には予定地点に到達。計画に従い偵察機10機(瑞鶴7機・瑞鳳2機・大淀から1機)を出撃させた。8時45分には追加で瑞鶴機1機を出撃させるがこの瑞鶴機が11時15分、待望の敵機動部隊発見の報告をする [] 。小沢中将はこの部隊を攻撃することにし、11時38分に連合艦隊司令部他関係各部隊に敵機動部隊攻撃を伝達する。.

C [] 383 C km2 F 4 E [] 1 []. [] 10 20 []. 102112121142114212 - 3 [] 113 [] 1120373060 []. []. [] [] .

第一遊撃部隊 第二部隊【鈴木艦隊】

第一次攻撃隊撤退後、栗田艦隊はアメリカ潜水艦を発見し一斉回頭を何度かおこなったが、すべて流木の誤認であった [] 。駆逐艦が爆雷攻撃をおこなったことも記録されている [] [] [] 。第七戦隊では、シブヤン海にアメリカ潜水艦1隻乃至2隻が存在していると考えていた [] 。. 宇垣纏:wikipedia より引用 【 人物紹介 — 宇垣纏(うがき まとめ) 】(明治23)年 — (昭和20)年 大正-昭和期の軍人。最終階級は海軍中将。海大教官・軍艦「日向」艦長を経て、軍令部第一部長に就任。日独伊三国同盟締結は米国を挑発し、日米戦争の危機を招き最悪の事態に陥ると、一貫して反対の立場をとった。大艦巨砲主義者として知られ、大和型戦艦3番艦(信濃)・4番艦(号艦)の建造を推進した。第8戦隊司令長官を経て連合艦隊参謀長となり、山本五十六司令長官の下で真珠湾攻撃に参加し、これを成功に導く。ミッドウェー開戦前の図上演習にて日本の空母数隻が撃沈されるとの結果が出たが、これを強引に日本有利に修正させたことで、後に批判を浴びる。ただし、ミッドウェー海戦において、第一航空艦隊の主力空母が次々に被弾炎上したことで参謀達がパニックに陥ったにもかかわらず、宇垣は冷静に対応して参加部隊を統率して撤退させた。この功は評価されている。ラバウルから飛び立った際、山本長官機は撃墜され戦死を遂げ、2番機の宇垣は重傷を負い、海中に投げ出されたところを救助された。レイテ沖海戦では栗田艦隊の第一戦隊司令官を務める。その後、第五航空艦隊司令長官に就任。沖縄戦では特攻を主体とした米艦隊への海軍の航空総攻撃作戦である菊水作戦を指揮した。思わしい戦果を上げられず、8月10日付で第五航空艦隊司令長官の職を解かれた。8月15日の玉音放送が流れたあと、特攻彗星11機23名にて沖縄沖に停泊する米艦艇に向けて最後の特攻を指示。自ら特攻機に乗り込み、自爆して果てた。これまで特攻機を数多く見送ってきた責任をとっての自爆と見られるが、自主的に申し出たとはいえ終戦にもかかわらず多くの隊員を引き連れて犠牲にしたことに対して、遺族を中心に大きな批判を受けた。陣中日記『戦藻録』は歴史的資料としての価値もさることながら、宇垣の人生哲学が詰まっており、高く評価されている。.

伊藤正徳 は、本海戦は「無理の集大成であり、そして無理は通らないという道理の証明に終わった」と評価した [] 。.

Sign in. 令嬢 小説 おすすめ 25424 16 18 []. wikipedia. 3 8 3. 2551 [] 1027. 724 [5]. 615 [30] P38 [31] .

鬼怒も14時過ぎには航行不能となり、左近允は救援要請を出す。17時20分戦死者83名と共に パナイ島 北東で沈没 [] 。2隻の生存者は後続していた輸送艦に救助され、輸送艦第9号10号が左近允、鬼怒艦長の 川崎晴実 大佐以下鬼怒生存者名以上、浦波の生存者94名を救助した。.

朝鮮 台湾 南洋庁 インドネシア ベトナム. 基地航空部隊の攻撃は、23日は悪天候で敵を発見できず、栗田艦隊突入の2日前に敵空母部隊を攻撃するという当初の予定は初日から失敗に終わった。 福留繁 第六基地航空部隊指揮官は、航空部隊の総攻撃の予定日であるY日(10月24日)に期待を寄せ、23日夜よりマニラ東方の海域に3機の夜間偵察機を偵察に向かわせた。そのうちの1機(香田四郎飛曹長指揮の九七式飛行艇)が0時50分発で電探により「レラ二シ」に大部隊を探知したと報告し、消息を絶った。同機が発見したのはシャーマン少将の第三群で、空母 イントレピット の記録に、2時27分に夜間戦闘機が日本機を撃墜したと記録されている [] 。.

[]. 113502899214504153599232 [] 16161735699219301640 [] ! 48.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -レイテ 沖 海戦 栗田 艦隊

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0